HUB(ハブ)の接続方法

HUB(ハブ)とは集線装置のことで、1台のパソコンの時は必要としませんが複数のパソコンをネットワークに接続する場合に使用します。

図のようにHUBを設置することにより 複数台のパソコンをネットワークに接続することが可能となります。

一般家庭ではネット回線は通常1回線なので、同時に接続できるパソコンは1台ということになりますが、HUBとルータを使えば2台以上で同時にインターネットが接続できるようになります。

HUBは物理的に接続するもの、ルーターはコンピュータネットワークにおいて、データを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器ということになります。

オフィス内LANを構築する方法のひとつとしてネットワーク共有がありますが、共有するためには2台以上のパソコンが必要になりますのでHUBが必要になります。(クロスケーブルでパソコン同士を直接つなぐ場合には、HUBは必要ありませんが、現実的には仮設や工事で簡易的に必要とする場合を除いてほとんど行わない接続方法です)

また、モデムには”ルーター+HUB” が内蔵されている物や、ルーターに”HUB”が内蔵されている物がありそれぞれを省略して”モデム”や”ルーター”と呼ばれることがあるのでどのタイプのものなのかを確認する必要がありますのでご注意ください。

ルーターの接続方法には有線接続とは別に無線接続方法があり、よく耳にする”無線LAN”は無線接続を差します。


Related Posts